爆発放散口

日本フェンオール

日本フェンオール



製品ラインナップ

ERO (サニタリー用 1層構造ドーム型):丸型、角型

ERO ERO (サニタリー用  1層構造ドーム型):丸型、角型 ERO ERO (サニタリー用  1層構造ドーム型):丸型、角型

特長

作動圧力を低く設定した場合でも堅牢さを保つ構造(特許)になっていて、その利点は実際に多くの用途で使用されていることで証明されています。
プロセス空間側は非常に平滑に仕上げられた高品質ステンレス製メンブレンで密閉されます。(SIP設計)
粉体付着の可能性を最小にしています。衛生的な状態を安全且つ容易に保ちます。

構造

破裂部は破裂板取付けフランジ面にあり、独自設計の幅広ガスケットで締付けられ粉塵の侵入がないようにシールされていますが、規定作動圧において破裂部は直ちに全面を完全に開放します。

シール材としては夫々の用途で承認されている品質の材料のみ、例えば白色又は黒色EPDMやシリコーン等、を使用しています。

フランジ、取付けフレーム、絶縁材、信号発信機等をオプションとしてご提供いたします。破裂板が作動すると閉回路が直ちに失われ、発信された信号はプロセス制御や遠隔モニタリングに利用されます。

ERO ERO (サニタリー用  1層構造ドーム型):丸型、角型

用途

ERO型破裂板は、特に食品業界、医薬業界、飲料水業界等のサニタリーであることを要求されるサイロ、集塵機に適しています。
また、"Q-Rohr(R)-3"と組合わせて使用されます。

仕様

通常は最低作動圧力の±15%の範囲で使用されますが、寸法及びご要望により±30%の範囲で使用されるものもご提供できます。
ERO型破裂板はUSDA(United State Department of Agriculture)からサニタリー用途ベントカバー(破裂板)として承認されている現在の市場では唯一のもので、BGA,XXI,FDA,CFR§177.2600の承認も得ています。

 
丸型ERO諸元 角型ERO諸元

設計仕様書