爆発放散口

日本フェンオール

日本フェンオール



爆発放散口の有用性~爆発ベントによる爆発防護~

ベントカバー(破裂板)による爆発防護

爆発予防は非常に困難なので爆発防護が必要になります。爆発防護には

等があります。
爆発放散設備の一つとしてベントカバー(破裂板)があります。

破裂板は通常時は操業条件に影響を及ぼさず損傷、腐食、圧力、温度等に耐える構造をもち、爆発時には所定の 作動圧力(Pstat)で開口し装置を爆発から防護します。

そのためには、放散面積の計算から、その素材、形状、加工等十分な経験、実績に基づいて製作され、且つ各種 公的機関から承認されたものである必要があります。

ベントカバー(破裂板)による爆発防護

爆発が発生しやすい工程はどこか?

爆発予防は非常に困難なので爆発防護が必要になります。爆発防護には

サイロ・バンカー 19.4%
フィルター・バグハウス・サイクロン 13.4%
搬送システム 11.0%
乾燥機 9.0%

(H.Beck, AJeste Berichte ueber Staubexplosionen-Einzeleregnisse und Dokumentation,
VDI-Berichte1272(1996)による)



爆発危険性が高いものは何か?

爆発の危険性は夫々の粉塵が持つ爆発指数 Kst (mbar x m/s) を用いて,3等級に分類し表しますが、最も危険性が高いSt3 (Kst ≧ 301) にはアルミニウム、マグネシウム等、次に危険なSt2 (201 ≦ Kst < 301)にはコーンスターチ、セルロース、木粉、St1 (Kst ≦ 200) には小麦粉、砂糖、脱脂ミルク等の多くの粉塵があります。




独立行政法人労働安全衛生総合研究所(旧産業安全研究所)では、爆発防止に関して設計指針、設計基準を設定しています。下記のページもご参照ください。

参考:爆発圧力放散設備技術指針(改訂版)TR-No38(2005) http://www.jniosh.go.jp/publication/TR/abst/TR-No38.htm#TR-No38