理想的な安全をつくるエンジニアリング、数多くの実績が、私たちの誇りです。

1961年日本フェンオールは米国フェンオール社との技術提携により、火災報知器などに関する先端技術を獲得。それ以来同社製品の国産化を皮切りに、防災に関する独自のノウハウを蓄積し、さまざまな領域にわたるオリジナル技術を構築してきました。

私たちが開発・製造・販売してきた防災機器・システム・サービスは、産業設備・工場・オフィスビル・立体駐車場・海外プラントをはじめ高度な防災性能が要求される半導体工場や原子力発電所など各方面におよんでいます。

そして現在、私たちは監視・検知・消火・爆発抑制の4つの柱からなる防災システム「SUPERIOR PROTECTION」を提案しています。これは1990年に日本で初めて開発し高い評価を受けたインテリジェント防災システム「S-NET」や、高感度煙検知システム「SAS」、ハロン代替消火ガス「HFC-227ea」を使用した環境に優しい高速消火システムなど、早期に火災を感知し様々な段階でのダメージを最小限にくいとめ、理想的な処置を行うものです。

また、産業向け検知器として世界最小クラスの超小型煙/ 熱センサー「Fシリーズ」等、豊富なラインナップが有ります。従来の防災の域を超え、周辺設備との融合を展開しつつ、私たちの取り組みは常にさらなる安全を目指しています。